« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月23日 (水)

ファニーの行く末。。。

木々の間から木漏れ日が差し込み、その太陽のにおいに
つつまれてつかの間の昼寝。
ロベルト・シューマンの
「子供は眠る」にはそんな優しさがある。

精神疾患をもつファニーが頭の中ではなく、実際に
現実逃避をすることにはどれほどの勇気が必要だったか?
兄嫁のあれがそれほど精神的に負担だったのだろうか?
兄にそのことを告げることができるほどの勇気は無かったのか?

色々と余計なことを考えてしまう。。。
にしても、とてもバランスのとれたいい映画に思う。
ドイツ出身の前衛ミュージシャン ラルス・ルドルフ演じるオスカーがいい。
長年あんな仕事をしていればもっと肉付きがいいきもするが。。。
自然の象徴・喧騒とした都会とは対照的な日々の暮らし。
自然と共に生きる男の寛大さと鈍感さ、そして純粋さ。

ファニーにとっては、現実逃避にはうってつけの環境が整っていた。
ように思う。最後の車のブレーキランプの点灯は何を意味するのだろう?

季節の変わり目におすすめします。

SALE!OFF!新品DVD![フランス映画] 明るい瞳! SALE!OFF!新品DVD![フランス映画] 明るい瞳!

販売元:RGB DVD STORE/SPORTS&CULTURE
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »